FUSION360 #1 3DCADの特徴/2Dとの対比

まさと
まさと

FUSION360の説明をする前に2DCADと3DCADの違いを勉強しましょう。

FUSION360の説明の前にまず3DCAD自体の特徴を説明します

スポンサーリンク

3DCADと2DCADの違い

3DCADの対比となるCADとして2DCADがあります。
それぞれの特徴は下記の通りとなります。

2DCADの特徴

設計を2D平面上で行うことができます。そのため以下の特徴があります。

メリット

  1. 使い始めのハードルが低い。
  2. 手軽に線を引いたり足したりできる。
  3. 2D図面を手軽に書くことができる。
  4. 旧システムとの親和性が高い(紙ベースの図面管理など)。
  5. ソフトが比較的安価である。

デメリット

  1. 部品同士の干渉チェックが非常に手間がかかる。
  2. 部品の重さを確認する際個別に計算する必要がある。
  3. 脳内で3Dになおす感覚が必要であり、完成品のイメージをしにくい。
  4. 寸法変更があった際に再編集しにくいソフトが多い。

とにかくメリットとしては手軽であるという点が特筆しています。


3DCADの特徴

設計を3Dデータ上で行うことができます。そのため以下の特徴があります。

メリット

  1. 部品同士の干渉を簡単にチェックすることができる。
  2. 部品の重さを簡単に把握することができる。
  3. 出来上がった図面の完成品がとてもイメージしやすい
  4. 寸法記述データや変更履歴が保持されるため、再編集しやすい

デメリット

  1. ソフトが非常に高価(大手有力ソフトだと買い切り150万+年間保守料金20万~50万)
  2. 使いこなすまで、覚えることが多く非常に時間がかかる。
  3. プラグインを入れないと開放されない機能があったりする。

メリットのなかで言うまでもないですが、図面が出来上がったときの気分が2Dとは違います


スポンサーリンク

さあ3DCADの世界へ!

高くて手を出せないんじゃないの…?

難しくて自分には無理じゃないの…??

と思う方が非常に多いと思いますが

FUSION360は非常に安価でかつ高機能であり、更にとても使いやすいCADです

なんとFUSION360は非商用であれば

無料

です。

そして

非常に簡単

です。

これは一度インストールして使ってみる以外に考える余地はありません。

なんてったって無料で勉強できるんですから

とにかく

一回やってみる!!

まさと
まさと

次は実際のインストール方法について解説いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました